一般社団法人信州アルプス大学校は、長野県SDGs推進企業登録制度に登録いたしました。

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

※外務省 Japan SDGs Action Platform HPより https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

 

 

長野県SDGs推進企業登録制度とは

長野県では、経済団体、金融機関、大学等支援機関と連携し「環境」、「社会」、「経済」の3側面を踏まえ、企業等が経営戦略としてSDGsを活用することを支援する制度を創設しました 。

県内企業等がSDGsと企業活動との関連について「気付き」を得るとともに、具体的なアクションを進める「登録」制度です。

県はSDGsのゴール等につながる具体的な取組を提示し、提示内容を踏まえ具体的なアクションに取り組む企業等を登録し、オリジナルの登録マークの提供やHP等による公表を通して応援します。

※長野県SDGs推進企業登録制度HPより https://www.pref.nagano.lg.jp/sansei/tourokuseido.html

 

 

 

信州アルプス大学の取組

これまでも信州アルプス大学では、開催する授業にSDGsマークを明示し、SDGsの認知度向上に努めてきました。これからもSDGsの啓蒙、認知度向上に役立つ取組みや、持続可能な社会を実現する講座の開催等を行います。

SDGs達成に向けた宣言書(要件1)

SDGs達成に向けた具体的な取組(要件2)