レポート

7月13日 キャッシュレス決済セミナー

最近注目を集めている、スマホで簡単に料金の支払いができるキャッシュレス決済のセミナーです。
現金を持ち歩かなくてもお店での支払いが可能ということで事業者側・利用者側ともに人気が急上昇中ですが、事業提供者として知っておくべき基礎知識や動向についてお話しいただきました。

前半はキャッシュレス決済ってどんなもの?ということで、キャッシュレス先進国の中国のビデオを例に、使い方やメリットについて学びました。一方日本ではまだまだ利用率は低いですが、先頃大きな話題になったPayPayを始め、LINE Payや楽天Pay、SUICAなど生活に密着したサービスが普及してきていますね。

現在はQRコード決済の正に戦国時代!
今年に入ってから各社数々のキャンペーンをうってきました。矢澤先生も実際にキャンペーンを活用し相当額のポイントを取得したり、そのことでこれまで立ち寄らなかった店舗に行くようになったなど、明らかに消費者行動が変わる可能性があるようです。

後半は、具体的な導入に関して事業者が気をつける点や、統一QRであるJPQRについて学びました。

統一QRは、乱立しているQRコードを1つのQRコードで代行するもので、長野県も試行に参加しています。統一QRに申し込めばここ1つで複数の決済事業者へ申告することなく利用できるため大変便利です。

時代はすでにキャッシュレスに向かっているようです。

 

キャッシュレス・消費者還元事業 https://cashless.go.jp/

総務省「統一QR「JPQR」普及事業」 https://www.pref.nagano.lg.jp/service/cashless/jpqr/index.html

レポート提出日:2019年07月18日(Thu)

レポーター:宮澤由香