お知らせ

信濃ワインさまとのワインカードプロジェクト開始

投稿日:2017年09月03日(日)

私ども「一般社団法人信州アルプス大学校」(塩尻市 代表中村剣) は、信州DCに合わせて
信濃ワイン株式会社と協力して国内では初となる「ワイントレーディングカード(通称ワイカ)」
を発行いたします。

■ワイントレーディングカードについて

ワインは赤、白、ロゼと種類があり、各ワイナリーが個性的な商品をつくっています。
ワイン愛好家の中にはラベルを保管して自分がどんなワインを飲んだのかを記録する方もいますが、
あまり一般的ではありません。

今回、ワイントレーディングカードを作成することで、自分が飲んだワインの記録性が高まり、
トレーディングカード化することで収集性、ワインの再購買につなげます。

信州DCでの観光客増に合わせ、信濃ワイン株式会社と協働でワイントレーディングカードを発行し、
信濃ワイン売店でワインをご購入していただいた方に配布いたします。

今後は、ワイナリーフェスタ等に合わせ市内他ワイナリーへの展開を考えています。


信濃ワインでの特設コーナー