レポート

10月23日 年輪堂輪飲会 ~松本ブルワリーを楽しむ会~

2016年に誕生した松本のクラフトビールメーカー、松本ブルワリーを楽しむビール会。
醸造家の勝山さんをお招きしてビールのお話しをお聞きしながらのビール会は初めての試みでした。

合計4種類のビールを順に提供し、それぞれのビールについて特徴やコンセプトをお聞きします。
普段何気なく飲んでいるビールも、地元でつくられていること、つくっている方から直接お話しを聞くことが出来ることなど、とても贅沢です。

原材料のホップについてやビールが注ぎ方で味が変わるなど、いろんなことを学べました。参加者からも活発な質問も出てみなさん知識も深まったことでしょう。

ワイン会、日本酒の会と開催してきましたが、今回のビール会が一番カジュアルで気楽な雰囲気に感じました。やはりビールは身近な飲み物だからでしょうか?とっても楽しいビール会となりました。

原材料のホップ。食べるとものすごく苦かったです

今回のビール4種類。乾杯はサーバーからの継ぎ立てでした。

今だけのグレープエール。ほろ苦くて大人の味。

醸造家の勝山さん。

司会の三輪さんとのコンビネーションはバッチリ! 

牛すじ鍋(美味かった!)を中心に、山形村の落花生、鯨のお刺身、マグロのタルタル、年輪堂特製のフィッシュフライ。美味しいお料理に、ビールがすすみます。

僕らが住む塩尻市、中信地区には、ワイン、日本酒、クラフトビールなどさまざまなお酒がつくられています。今回のクラフトビールもそうですが、身近に作り手さんがいるので今回の様な会をすることで地元のお酒についての知識を深め、ファンを増やしていきたいですね。

本日24日より、広丘年輪堂では松本ブルワリーのビールの取扱いを始めます。いつでも広丘で松ブルが飲めますよ!

松本ブルワリー http://matsu-brew.com/
年輪堂 https://www.facebook.com/nenrindo.shiojiri.hirooka/

 

レポート提出日:2018年10月24日(Wed)

レポーター:中村剣